ハピネススタディで幸せになろう!幸福学の研究成果に基づき、幸せになるために必要な技術を集めています。

幸福・幸せ研究室

幸せになる技術

幸せになる技術 ―物より経験にお金を使う

投稿日:

物より経験で幸福度が増す、幸福度を上げる旅の経験のイメージ画像

この記事には書きかけの項目があります。

人を幸せにするのは、物ではなく経験であるということが、様々な根拠から明らかになっています。

なぜ物よりも経験の方が、幸福度を高めてくれるのでしょうか。

賢い消費は「物より経験」

コーネル大学のトーマス・ギロヴィッチ心理学教授は、物を買うことと経験を買うことによる気持ちの変化を20年にわたって分析、研究してきました。

その結果、旅行など何らかの経験にお金を使う方が、目に見える物を買うよりもずっと幸せを感じることが明らかに。特に、冒険を伴う経験は持続するといいます。

経験は目に見える形としては残らないため、人は、お金を払って物を所有するのが賢い消費であると考えがちです。

しかし実際には、私たちは経験したことを覚えている一方で、所有している物には慣れてしまうといったことから、物よりも経験の方が幸福度を上げてくれることが証明されました。

Thomas Gilovich他著|A wonderful life: experiential consumption and the pursuit of happiness

物より経験で幸せになる理由

ソニア・リュボミアスキー『人生を「幸せ」に変える10の科学的な方法』を主参考に、物よりも経験が私たちを幸せにしてくれる理由を見ていきます。

リュボミアスキー教授の人生を「幸せ」に変える10の科学的な方法 [ ソニア・リュボミアスキー ]

created by Rinker
¥1,815 (2019/11/17 18:30:08時点 楽天市場調べ-詳細)

物を買っても、幸福度が高まるのはほんの一瞬

私たちにはあらゆることに順応する力があり、それは物に対しても同じです。

欲しかった物を手に入れると、最初のうちは刺激的です。しかしやがて慣れ、買った時の喜びは間もなく忘れてしまい、持っているのが当たり前となります。

欲しかった物を買うことで一旦は高まった幸福度も、間もなく買う前の状態に戻ってしまう。これは、家や車など、比較的高価なものでも同じことです。

経験は社会的なもの

買った物を誰かに見せたり、買った物についての話をしたりするよりも、共に経験したり、追体験することの方がずっと関係を深めることができます。

物よりも経験の方が、比較する機会が少ない

物は、見れば金額がある程度見当がつきます。

家や車といった大きいものはもちろん、時計やカバンといった小物も、よく調べて検討して買ったものほど、自分の買ったものよりスペックの良いものは、見ればそれとすぐにわかるでしょう。

人間はつい比較してしまいがちな生き物です。

頑張って高価な時計を買ったとしても、同僚が同じシリーズで1ランク上の時計をしていたら、喜びは少し減ってしまうかもしれません。

経験は比較しにくい

物は目に見えるので、簡単に比較できるし、良くないと思いつつもつい比較してしまいます。

そのため、後悔することもありがちに。

あっちにすれば良かったかも、とか、もう少し待って新しい型にすれば良かったとか、そういった後悔の気持ちを抱きがちです。

しかし経験はそうはいきません。週末、温泉でのんびり過ごした同僚と、趣味のマラソンで自己ベストを更新した自分と、どちらが幸せか?

そもそも比較の対象とならない上に、仮に比較したところで、記録を更新した喜びは薄れないはずです。

経験は時と共に価値が高まる

物は一般的に、時間の経過とともに古くなったり、飽きてしまったりして満足度が下がり、別の物に替えたくなりがちです。

しかし、経験は古びません。

むしろ時が経つにとれて、思い出はよりポジティブに、楽しかったものに変化していきます。

経験は時に、挑戦や一種の冒険が伴う場合があります。

習い事での難しい課題や、旅行先での困難など、忍耐や努力、苦労の末に達成したことは、大きな喜びとなり、また自信の源にもなって、私たちを幸せにしてくれます。

過去の経験とその思い出は、人生をより豊かにしてくれるのです。

人は経験でできている

人生は様々な経験の積み重ねでできているものであって、物を足し合わせたものではありません。

人は経験に対して感情移入しがちで、他のものと交換したいとは思いません。

物は私たちの体の外部にありますが、経験は私たちの心、記憶の中にあり、しかも次第に醸成されていきます。

物質的になりすぎると他の幸福を損ねる

物を手に入れることに熱心になりすぎると、犠牲にするものが大きくなります。

物質的なものを優先する人は、そうでない人よりも人との関りが弱く、不安を感じることが多くなり、そのため、人から好かれることも減ってしまいます。

経済的な成功にこだわる人ほど、家庭生活で満足を得られないことが報告されています。

幸福をより大きくする経験のコツ

大きな喜びを少しではなく、小さな喜びをたくさん

さほどお金をかけなくても幸福度を高める方法としては、小さなポジティブなことを数多く経験して気分を高める、ということが挙げられます。

強烈な経験よりも、何度も経験できるものの方が良いのです。

例えば旅行だったら、豪華な旅行に一度だけ行くよりも、小旅行を何度もする方が良いのです。

また、楽しみを連続で経験してしまうよりも、小分けにして断続的に何度も楽しむ方が良いです。

例えばゲームの場合、一晩中ぶっ続けでやってクリアするよりも、毎日少しずつ進めていく方が良いです。

小さい楽しみを、断続的に何度も積み重ねることを心がけると、喜びは増します。

使えるお金が限られていても、1週間に1度か2度、ささやかな楽しみを自分に与えている人は、人生により満足できるのです。

今後追加していきます。

-幸せになる技術

Copyright© 幸福・幸せ研究室 , 2019 All Rights Reserved.