ハピネススタディで幸せになろう!幸福学の研究成果に基づき、幸せになるために必要な技術を集めています。

幸福・幸せ研究室

幸福の本

幸福に関する書籍リスト ― 科学的な研究の成果に基づくもの(難易度別・著者五十音順)

投稿日:2019年2月6日 更新日:

幸福に関する本のイメージ画像

このページのリストでは、幸福に関する本の中で、科学的に証明されたことをもとに書かれたものを、難易度別&著者の名前の五十音順に並べています。

このリストに加えるべき本に出合ったら追加します。

書評を別ページに掲載していきます。

幸せになる科学的な方法を、普通の人が知るのに最適・入門レベル

  1. NHK「幸福学」白熱教室制作班
    『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室』KADOKAWA/中経出版、2014年
  2. エイカー, ショーン
    『幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論』徳間書店、2011年
  3. 坪田一男
    『ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門』文春新書、2012年
  4. ベンシャハー, タル
    『ハーバードの人生を変える授業』大和書房、2010年
  5. ベンシャハー, タル
    『ハーバードの人生を変える授業2 ~Q次の2つから生きたい人生を選びなさい~』大和書房、2016年
  6. 前野隆司
    『幸せのメカニズム 実践・幸福学入門』講談社現代新書、2013年
  7. リュボミアスキー, ソニア
    『幸せがずっと続く12の行動習慣』日本実業出版社、2014年
    書評はコチラ→
  8. リュボミアスキー, ソニア
    『人生を「幸せ」に変える10の科学的な方法』日本実業出版社、2014年

幸せになる科学的な方法を、普通の人が知るのに最適・初級レベル

  1. ドーラン, ポール
    『幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする』
  2. ピーターソン, クリストファー
    『ポジティブ心理学入門: 「よい生き方」を科学的に考える方法』春秋社、2012年
  3. フレデリクソン, バーバラ
    『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』日本実業出版社、2010年
  4. ベンシャハー, タル
    『HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義』幸福の科学出版、2007年
  5. ラス, トム、他
    『幸福の習慣』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2011年

幸せになる科学的な方法を、普通の人が知るのに最適・中級レベル

  1. アイエンガー, シーナ
    『選択の科学』文藝春秋、2010年
  2. エモンズ, ロバート・A
    『Gの法則―感謝できる人は幸せになれる』サンマーク出版、2008年
  3. 大石繁宏
    『幸せを科学する―心理学からわかったこと』新曜社、2009年
  4. 高坂健次
    『幸福の社会理論』放送大学教育振興会、2008年
  5. 新宮秀夫
    『幸福ということ―エネルギー社会工学の視点から』日本放送出版協会、1998年
  6. スティグリッツ, E・ジョセフ
    『人間が幸福になる経済とは何か』徳間書店、2003年
  7. セリグマン, マーティン
    『ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"へ』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2014年
  8. セリグマン, マーティン
    『オプティミストはなぜ成功するか』パンローリング、新装版、2013年
  9. ネトル, ダニエル
    『目からウロコの幸福学』オープンナレッジ、2007年
  10. ボック, デレック
    『幸福の研究―ハーバード元学長が教える幸福な社会』東洋経済新報社、2011年
  11. ボニウェル, イローナ
    『ポジティブ心理学が1冊でわかる本』国書刊行会、2015年

幸福について理解を深められる本

  1. アリエリー, ダン
    『予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』(文庫)早川書房、2013年
  2. アリエリー, ダン
    『不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 』(文庫)早川書房、2014年
  3. カーネマン, ダニエル
    『ダニエル・カーネマン心理と経済を語る』楽工社、2011年
  4. コーエン, ダニエル
    『経済は、人類を幸せにできるのか?』作品社、2015年
  5. コーエン, ダニエル
    『経済と人類の1万年史から、21世紀世界を考える』作品社、2013年
  6. フォックス, エレーヌ
    『脳科学は人格を変えられるか?』文藝春秋、2014年

幸福に関する書籍、一般向けの上級レベルというより、専門家・研究者向けの専門書

  1. 大竹 文雄、他
    『日本の幸福度  格差・労働・家族』日本評論社、2010年
  2. 経済協力開発機構(OECD)
    『OECD幸福度白書―より良い暮らし指標:生活向上と社会進歩の国際比較』明石書店、2012年
  3. 経済協力開発機構(OECD)
    『OECD幸福度白書2―より良い暮らし指標:生活向上と社会進歩の国際比較』明石書店、2015年
  4. 経済協力開発機構(OECD)
    『OECD幸福度白書3―より良い暮らし指標:生活向上と社会進歩の国際比較』明石書店、2016年
  5. 経済協力開発機構(OECD)
    『OECD幸福度白書4―より良い暮らし指標:生活向上と社会進歩の国際比較』明石書店、2019年
  6. スティグリッツ, E・ジョセフ、他
    『暮らしの質を測る―経済成長率を超える幸福度指標の提案』金融財政事情研究会、2012年
  7. フライ, S・ブルーノ
    『幸福度をはかる経済学』エヌティティ出版、2012年

幸福の周辺

  1. 久世浩司
    『世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方』実業之日本社、2014年

-幸福の本

Copyright© 幸福・幸せ研究室 , 2019 All Rights Reserved.